株式会社 仲野メディカルオフィス 仲野 豊

人口構造の変化と、医療法(地域医療構想を含む医療計画)や健康保険法(診療報酬制度)などの医療制度・医療保険制度を見据えて環境変化に対応できる人材育成と経営戦略を考える

業務案内

  • 医療機関の経営戦略コンサルティング
  • 医療・医薬品関連企業の経営コンサルティング
  • 医療機関及び団体、関連企業向けの講演会講師
  • 人材採用支援及び教育研修
  • 医療・福祉・介護施設の見学
  • 顧問業務、その他調査分析

2017-10-01

2017年12月12日開催「地域包括ケアシステムの構築と2018年度診療報酬改定の影響を探るセミナー」講師

シードプランニング社主催の2017年12月12日(火曜日)開催の「地域包括ケアシステムの構築と2018年度診療報酬改定の影響を探るセミナー」の講師をお引き受けしました。
私の担当テーマは「2018診療報酬改定のポイント」で130分間です。
2018年改定以降も含めた全体的な流れと、経営面から見て医科診療報酬(一部調剤も)で押さえておくべきポイントを解説します。
もうお一人の講師は、日本医師会総合政策研究機構客員研究員で元愛媛大学医学部付属病院総合診療サポートセンターセンター長の櫃本真聿先生(四国医療産業研究所所長・医師)です。櫃本先生は地域包括ケアシステムにおいて、都道府県へのアドバイザーも務めておられる臨床医です。大学病院における地域連携の草分け的存在です。
ご興味がお在りでしたらぜひご参加ください。
詳細は下記シードプランニングwebサイトをご覧ください。
詳細はこちら

2017-07-12

BHIアワード2017 in OSAKA(第21回全国病院広報研究大会)の開催について

NPO法人日本HIS研究センターでは、2017年10月28日に大阪府門真市において、医療・福祉施設で行われている広報活動や情報公開、マーケティングに関わる事例(実際に主体的に実施した例)発表フォーラムを開催いたします。
今回の開催主幹はパナソニック健康保険組合松下記念病院様です。
事務局では「BHIアワード2017 in OSAKA(第21回全国病院広報研究大会)」の開催に向けて、広報誌やホームページの作成、メディア対応などの広報事例を募集しています。
第一次審査通過となった事例は、PGUユニオンプラザで10月28日に開催される広報研究大会において、社会貢献度や自院の専門性の発表いただきます。

詳しく左欄のバナーまたはこちらからご覧ください。

2017-07-07

保険診療における指導・監査について 追加

厚生労働省保険局医療課医療指導監査室から保険医療機関等に対する平成28年度「保険診療における指導・監査」などの資料が公開されています。
7月7日に「集団的個別指導及び個別指導の選定の概要」が追加となりました。

【集団指導用】
● 保険診療の理解のために【医科】(平成28年度版)
● 保険診療の理解のために【歯科】(平成28年度版)
● 保険調剤の理解のために【調剤】(平成28年度版)
【特定共同指導・共同指導における指摘事項】
● 平成27年度の主な指摘事項(医科)
● 平成27年度の主な指摘事項(歯科)
● 平成27年度の主な指摘事項(薬局)
【関係法令等】
指導監査の根拠規程
指導大綱、監査要綱
指導・監査の流れ〔図〕

★7月7日new
集団的個別指導及び個別指導の選定の概要

なお、医療法第25条第1項に基づき実施される立入検査は、医療監視員が病院に赴くことから、医療監視と呼ばれるケースがありますが、こちらは地域の保健所が実施主体です。厚生(支)局が行う保険診療における指導・監査とは別ものです。

2017-06-20

平成28年度(2016年度)診療報酬改定に関する疑義解釈資料(その12)について

厚生労働省保険局医療課から地方厚生(支)局や都道府県等宛てに、平成28年度診療報酬改定に関する「疑義解釈資料(その12)」が平成29年6月14日付の事務連絡として発出されました。
今回は医科のニコチン依存症管理料のQ&Aです。

2017-06-01

平成28年度(2016年度)診療報酬改定に関する疑義解釈資料(その11)について

 厚生労働省保険局医療課から地方厚生(支)局や都道府県等宛てに、平成28年度診療報酬改定に関する「疑義解釈資料(その11)」が平成29年5月26日付の事務連絡として発出されました。
 今回は医科と医科DPCと歯科のQ&Aです。
 医科では平成29年度から認知症疾患医療センターの設置要件に病院が追加されたことに伴うQ、用量未満の認知症治療薬の取扱いに関するQ、一般名処方加算における医療安全の観点からの個別銘柄名併記に関するQ、先進医療又は患者申出療養時に発生した副作用等の保険診療の取扱いに関するQ--などとなっています。

2017-04-06

「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護等の働き方ビジョン検討会」報告書について

厚生労働省医政局地域医療計画課は「医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査」を踏まえて、このほど「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護等の働き方ビジョン検討会」報告書をまとめ、公表しました。
報告書では、将来の労働力不足が懸念されるなか、過重労働が現状恒常化している医療・介護従事者の状況を変革するため、今後5年から10年程度かけて「高生産性・高付加価値」構造へと転換することを示しています。
現在の全国一律の制度設計・サービス提供志向の構造から脱却し、地域が主導して定期的に医療・介護の方向性等が定められ、地域のまちづくりとも連動する基盤整備の仕組みが必要としています。そのためには国は地方に必要な権限移譲を行い、地方の求める人的・財政的・制度的支援を行う構造に転換していくべきとしています。
地域包括ケアシステム型の医療・介護に構造転換を図る上で、医療スタッフ等の働き方も舵を切る形になります。
実現には厚生労働省だけでなく、内閣による政府方針位置づけ、文部科学省と連携するなどパラダイムの転換が必要となります。

2017-04-01

平成28年度(2016年度)診療報酬改定に関する疑義解釈資料(その10)について

厚生労働省保険局医療課から地方厚生(支)局や都道府県等宛てに、平成28年度診療報酬改定に関する「疑義解釈資料(その10)」が平成29年3月31日付の事務連絡として発出されました。
今回は医科と歯科のQ&Aです。

2017-01-21

2018年度診療報酬改定に伴う講演のご依頼について

日頃は弊社代表仲野豊にセミナー等の研修講師ご依頼をいただき御礼申し上げます。
次期2018年診療報酬改定時のご依頼も現在多数頂戴しており、すでに対応可能な日がかなり少なくなってきております。
ご依頼の場合は早めにご連絡をいただければ幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016-12-20

平成27年度 保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について(概況)

このほど平成27年度分の「保険医療機関等の指導・監査等の実施状況(概況)」がまとめられました。
厚生労働省保険局医療課医療指導監査室によると、個別指導、新規個別指導、適時調査、監査の件数は次のようになっています。
指導等の結果、保険医療機関等取り消し処分は37件に至っています。

個別指導  4,403件(対前年度 ▲63件)
新規個別指導6,495件(対前年度 ▲23件)
適時調査  2,562件(対前年度 +215件)
監査       90件(対前年度 +3件)

保険医療機関等の指定取消処分(指定取消相当を含む、以下同じ)の原因(不正内容)は、不正請求(架空請求、付増請求、振替請求、二重請求)がその大半を占めています。指定取消処分の端緒は、保険者、医療機関従事者等医療費通知に基づく被保険者等からの通報が20件と取消件数の過半数を占めています。

個別指導の実施上位都道府県は、神奈川県250件、埼玉県234件、愛知県195件、東京都179件、福岡県168件、千葉県161件、静岡県135件、茨城県133件
適時調査の実施上位都道府県は、北海道189件、東京都128件、大阪府101件、福岡県93件、石川県71件、愛知県70件、宮城県69件、京都府66件・・・となっています。

平成27年度分の「保険医療機関等の指導・監査等の実施状況(概況)」のプレスリリースはこちらまで

2016-10-19

主な施設基準の届出状況等(27年7月1日現在)について

診療報酬を算定する際に、施設基準の届出等が必要となる主な項目(時間外対応加算、地域包括診療加算、総合入院体制加算、臨床研修病院入院診療加算、医師事務作業補助体制加算、急性期看護補助体制加算、がん診療連携拠点病院加算、後発医薬品使用体制加算、患者サポート体制充実加算、病棟薬剤業務実施加算、救命救急入院料、特定集中治療室管理料、ハイケアユニット入院医療管理料、脳卒中ケアユニット入院医療管理料、回復期リハビリテーション病棟入院料、地域包括ケア病棟入院料など)の届出施設数等が厚生労働省から示されました。
データは各年7月1日現在のものです。
詳しくはこちらまで。

2016-10-19

主な選定療養の報告状況(27年7月1日現在)について

保険医療機関から地方厚生(支)局への報告が必要な事項のうち、主な事項(特別の療養環境の提供〔差額病床の費用〕、一般病床200床以上病院における紹介状なし初診時の費用徴収、一般病床200床以上病院における再診時の費用徴収、予約に基づく診察、保険医療機関表示の診療時間以外における診察、入院期間が180日を超える入院、前歯部の金属歯冠修復に使用する金合金または白金加金の支給、金属床による総義歯の提供、齲蝕にり患している患者の指導管理、以下点数表及び歯科点数表に規定する回数超の診療)が公表されました。
データは各年7月1日現在のものです。
詳しくはこちらを。

2016-09-02

保険医療機関の施設基準届出一覧について

全国の保険医療機関及び保険薬局等の厚生労働大臣が定める診療報酬(調剤報酬)の施設基準を満たし、厚生局(支局)に届出を行い受理された届出受理医療機関名簿は下記の厚生局(支局)のwebサイトで公開されています。
なお、届け出内容は原則毎月更新されますが、厚生局ごとに公開のタイミングは異なっています。

◎ 北海道厚生局/管内(北海道)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 東北厚生局/管内(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 関東信越厚生局/管内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県・長野県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 東海北陸厚生局/管内(富山県・石川県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 近畿厚生局/管内(福井県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 中国四国厚生局/管内(島根県・鳥取県・岡山県・広島県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 四国厚生支局/管内(香川県・徳島県・愛媛県・高知県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら
◎ 九州厚生局/管内(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県)医療機関等の施設基準の届出状況はこちら

仲野 豊

代表者:仲野 豊

プロフィール、主な著書、講演歴などを掲載しています。